光脱毛中は要注意!お酒を控えるべきタイミングとは?

光脱毛前後のお酒はなんでダメ?飲酒とお肌の関係を知ろう!

脱毛サロンの禁止事項は、通ってみて初めて知るものもたくさんあって、考えていたより多いとか、細かいと感じるかもしれません。トラブル防止のため、つまりは自分のためだとわかっていても、正直面倒くさいと感じることもあるのではないでしょうか。今回は、脱毛予定の前後の飲酒禁止について、ダメな理由を解説していきます。

脱毛サロンが前後の飲酒を禁止している理由

日焼け禁止や生理中NGと比べると、あまり脱毛とは関係なく感じられる「飲酒の禁止」。酔っ払った状態では施術不可、ということなら解りやすいし納得もできますが、前後もダメな理由は何なのでしょうか。サロンの説明を結論から言うと、「飲酒が肌トラブルの原因になるから」。

でも、これだけだと何だかよくわからないですよね…。どうしてお酒を飲むことが、肌に悪い影響を与えてしまうのでしょうか。実は問題になるのはアルコールそのものではなく、飲酒によって血行が促進されて体温が上昇することにあります。

この状態で脱毛施術を受けたり、あるいは施術後の飲酒で同じ状態になることで、脱毛した部分の肌に赤みやかゆみを発することがあります。また、体温上昇に伴って皮膚表面は乾燥状態になりやすく、脱毛のダメージを受けやすい危険なコンディションに…。光脱毛だけでなく医療レーザー脱毛でも同じことが言え、施術の痛みを大きく感じる可能性や、乾燥がひどい場合には脱毛で炎症を起こしてしまうこともあるとか!

「少しくらいなら大丈夫かも」とは考えないで、基本的に前日と施術当日にお酒を飲むことは控えるのがオススメです。肌に大きなダメージを与えかねない、重大な禁止事項であることを、改めて強く認識しておくようにしましょう!

お酒と脱毛はどれくらい時間を空ければOKなの?

仕事上どうしても外せない飲み会の日程が、脱毛の予約と被ってしまったら…。実に悩ましいところではありますが、飲み会を欠席できない以上、脱毛の予約を取り直すのが無難な方法。あるいは、飲み会に参加しつつも鉄の意志を持って、絶対にお酒を口に入れずに過ごすしかありません。

飲酒による体温変化の影響は、半日くらい続くものと仮定されています。つまり、脱毛とお酒の間には、12時間ほどの時間差が必要だということ。厳密な禁止時間はサロンやクリニックによって違っていますが、半日程度が平均的な数値です。

ただし、飲むお酒の量や体調、そして体質によって影響がどれだけ残るかの差異は大きいので、油断は禁物です。脱毛の予約が午後以降であっても、前夜のお酒は控えるか、飲んだとしてもごく控えめに留めるのが正解。午前中に脱毛が終わっても、その日はお酒は飲まないようにしたほうが安心です。

半日、あるいは1日経過後であっても、脱毛したパーツの肌状態によっては、お酒をはじめとする血行を促進する行為は控えるのが正解。乾燥気味にならないように、しっかり保湿を徹底してください。

忘れてつい飲んじゃったらどうするべき?

毎日お酒を飲む習慣があると、ダメだとわかっているのをふと忘れてしまい、気がつくとお酒を口にしてしまっていた…ということが起きがち。脱毛後に飲酒してしまったら、どんな善後策があるのでしょうか。日頃から飲酒の習慣がある場合、ひと口くらいであれば恐らく、はっきりした影響が出てくることもなさそうに思えますが、一応、脱毛した部位が熱っぽく感じたりしないかどうか注意を払っておきます。

飲んでしまった量に関わらず、かゆみや赤みが出てきてしまったら、できる対策はまず患部を冷やすこと。それで治まればとりあえず大丈夫ですが、念のため乾燥対策をしっかりと行います。もしも強い症状が広い範囲に出てきたり、ガマンできない程のかゆみを感じるようであれば、早めに皮膚科を受診する必要があります。受診までの間、つらくてもかゆみのある場所を掻いたりこすったりしてはダメ!ますますかゆみが増したり、トラブルの範囲が広がる恐れも…。悪化させないためには、とにかく耐えるしかありません。

飲酒での肌トラブルは脱毛サロンに報告が必要?

施術が原因の肌トラブルに対応するため、多くの脱毛サロンがクリニックや医師と業務提携しています。しかし、脱毛後の飲酒はサロンでも厳しく禁止されている事項であるだけに、基本的にサロンに責任はないものと判断されるのが普通。診察や治療は自己責任で行わなければならないわけですが、それでもまずは、脱毛サロンへの報告をするのが得策です。

その際には、状況と飲酒の時間や量などを、正しく申告して指示を仰ぎます。脱毛サロン側に責任がないとしても、同様の処置に慣れた医療機関を紹介してもらえるかもしれません。特にサポートがない場合は、自力でかかりつけや近くの病院を受診してくださいね。

タイミング的にうっかり飲酒が原因だと思われても、診断が下るまでは原因の確定はできません。アレルギーや、その他の原因から炎症や蕁麻疹が出る可能性もあります。勝手な素人判断はNG!症状悪化を防ぐためには、専門家の手を借りるのが最良の選択です。

飲酒してしまった場合と似た症状の肌トラブルは、運動など他の理由でも発生することがあります。ただし、脱毛の注意事項は数が多いよう思えても、そのほとんどは脱毛日前後に集中しているので、実行はそれほど難しくはないはず!脱毛の前後に避けるべき行動をしっかり把握して、失敗を犯さないように慎重な行動を心がけましょう。

脱毛に関する疑問を解決

Ranking
脱毛サロン 人気ランキング

no.1
キレイモ
月額制の全身脱毛ならキレイモがお得!何と言っても安くて脱毛できる部位数が多い♪おすすめサロンです。
no.2
銀座カラー
老舗の脱毛専門サロン!全身脱毛は安さより効果を重視するという人におすすめ!
no.3
シースリー
月々の負担金も安い!納得するまで通い放題の全身脱毛
no.4
コロリー
顔脱毛も含めた全身48ヶ所の脱毛が人気!今ならお得な割引もあってコロリーは始めやすい♪
no.5
ミュゼ
ミュゼ
人気部位5ヵ所
クチコミ(57件)
ワキとVラインは回数無制限で脱毛OK!期間限定のリーズナブルなキャンペーンが魅力!

トップへ戻る