サロン脱毛は痛い?痛くない?部位別の比較と痛み軽減対策!

サロンの脱毛は痛い?痛くない?

脱毛で痛い部位はどこ?経験者の感想からわかる痛みポイントとは

光を照射することでムダ毛にダメージを与え、少しずつ脱毛を進めていく。これが脱毛サロンで行われている、一般的な光脱毛の仕組みです。施術時には一瞬ではありますが、ゴムをはじいたような痛みが感じられます。

デリケートゾーンはやはり敏感!最も痛みを感じやすいのはVIO

全身脱毛を済ませた脱毛上級者の体験談をまとめてみると、最も痛みを感じやすかった部位はVIOゾーンだと言えます。デリケートゾーンと呼ばれる、刺激を敏感に感じ取る部位だけに、痛みについても強く感知してしまうのです。感覚の鋭い部位であるのに加えて、VIOのムダ毛は一本一本が太くしっかりしていること、密集して生えていることが、痛みを強く感じやすい理由となります。

ただしVIOの施術範囲は狭いものですから、照射の回数も少ない部位です。他の場所と比べると痛く感じるとはいえ、施術の時間も短く済むため、それほど辛いと感じることはありません。脱毛経験者がVIOゾーンの脱毛を迷う理由に多いのは、「痛み」ではなく「恥ずかしさ」なのです。

メジャーな部位こそ侮れない!ワキ脱毛も痛み上位にランクイン

お得なプロモーションが多く、脱毛の入り口として利用が多い「ワキ脱毛」ですが、実は痛みを強く感じやすい部位のひとつです。理由はVIOゾーンとだいたい同じで、敏感な場所であること、そしてムダ毛が太く、しかも密集して生えていることにあります。

あとから考えるとワキ脱毛は痛いほうだった、と感じる脱毛上級者の意見があるものの、初体験で「思ったほど痛くなかった」「一瞬のことなので平気だった」という感想が多いことに注目してみましょう。ワキからスタートすれば、(VIOを除いて)他の部位はそれほど痛くないゾーンなのだと言うこともできるわけです。そういう意味でも、ワキ脱毛は脱毛初体験にピッタリな部位だと言えますね。

個人差とそれまでのお手入れ方法によって痛みの感じ方は変わるもの

その他の「痛かった部位」としては、肘や膝といった関節部分の脱毛をあげる経験者もいます。こうした脂肪の少ないゾーンでは、脱毛の痛みを感じやすいとも言われますが、やはり範囲の狭い部位でもあり、施術時間も短いためそれほど辛いと感じるわけではないようです。

手足の指のムダ毛脱毛の場合だと、痛かったと感じる人とそうでない人に差があります。これは、脱毛を始めるまでの自己処理方法の違いからくるものです。剃る処理をしてい人は痛みを感じやすく、抜く処理をしていた人はこの部位の刺激に慣れているため、脱毛での痛みもそれほどでもないと感じるのでしょう。

痛いと感じない脱毛はある?脱毛技術の進歩とは

現在の脱毛サロンでは、実際それほど痛い処理は行われていないのに、なぜ「脱毛は痛い」というイメージが定着しているのでしょうか?それには、脱毛の歴史が少し関係しています。

痛みゼロの脱毛も出現!今後は無痛脱毛が増加するのかも!?

長時間痛みに耐えなくても、簡単に脱毛を進められるようになった現在ですが、今後の脱毛はどう変わっていくのでしょうか?

実は既に、全く痛みを感じないタイプの脱毛方法も開発され、サービス提供しているサロンも現れています。もしかすると将来的には、サロン脱毛は痛みを感じなくて当たり前!という時代が訪れるのかもしれませんね。

とはいえ、いつになるかわからない無痛脱毛時代が来るまでの間、ずっとムダ毛の自己処理を続けていくというのも考え物です。ムダ毛のないお肌を手に入れるため、ちょっとの痛みを恐れることなく、早めの脱毛スタートを検討してみてくださいね。

脱毛の痛みを少しでも和らげるためにできるセルフケアとは?

機材の進歩や施術の工夫によって、光脱毛の痛みは減少してきました。さらに痛みを感じにくくするために、注意すべき点を知って実践していきましょう!

基本は保湿第一!施術の前後は特にしっかりうるおいケア

肌のお手入れで大切な「保湿」。顔についてはしっかり朝晩ケアしているものの、それ以外の部位についてもあまり気にせずノーマーク、という人も多いのではないでしょうか?もちろん、かさつきやかゆみなど、不快感がないのであれば不要とも言えますが、脱毛を始めたら顔以外も「保湿」を心がけるのがオススメ。

 施術前後は特にうるおいケアの徹底を

まず、脱毛の前日にシェービングを行った後は、脱毛する部位にしっかりスキンケアを施して、うるおいを保てるように注意しましょう。乾燥気味の肌よりも、しっかり保湿の行き届いた肌状態のほうが痛みを感じにくく、脱毛後のトラブルも起こしにくいためです。施術を受けて帰宅した後も同様に、脱毛した部位を丁寧にケアしてあげてくださいね。

施術の前後だけでなく、普段から余裕のある時には、脱毛する部位のお手入れをクセ付けてみましょう。肌トラブルから来る、脱毛スケジュールの乱れの防止に役立ちます!

肌が敏感になりやすい生理の前後を避けるスケジュールも有効

脱毛サロンに通うスケジュールをうまく調整することでも、痛み軽減に役立つことがあります。生理中は脱毛を避ける必要がありますが、これはホルモンバランスによって肌が敏感になりがちな時期であることから、トラブル防止も含めて決められているものです。

また、衛生面での配慮も、生理中の施術を脱毛サロンが断る理由の1つだと考えられます。部位によっては脱毛を受け付けるサロンもありますが、基本的に無理して脱毛を行わない方が良いでしょう。

加えて、肌が敏感な状態は生理中だけでなく、その前後も含めての話ですから、前後数日も脱毛予約を避けるようにするのが、痛みを感じにくくするポイントです。

生理前後の数日を避けて脱毛のスケジュールをたてることには、予約をムダにしにくいというメリットもあります。だいたいの生理周期は定まっていても、体調次第で少し前後することは、女性なら誰にでもあり得ること。予定外の生理で予約をキャンセルしても、回数が消費されてしまう脱毛サロンもありますから、リスク回避のためにも徹底してみてくださいね。

日焼けは痛みに直結!紫外線対策をお忘れなく!

脱毛している間は、日焼けに注意する必要があるのですが、これは痛み回避とも大きな関係のある注意事項です。光脱毛はメラニン色素に反応するため、日焼けで肌の色が黒くなってしまうと、いつも以上に痛みを感じる可能性も。色素沈着のある部位は脱毛できなかったり、施術で強い痛みを感じたりしますが、日焼けでこれと同じような状況になってしまうわけです。

日焼けは痛さ倍増?肌トラブルも招く?

実際、よほどの日焼けでない限り脱毛を断られてしまうことはありませんが、日焼けをするとそれだけ痛さはアップしてしまいます。また、日焼けによる乾燥と脱毛の乾燥のダブルパンチで、肌トラブルの可能性も増加。

夏はプールや海を楽しみたいものですが、脱毛のスケジュールを優先して我慢することも時には必要です。夏以外のシーズンも油断せず、脱毛する部位の紫外線対策をしっかり行うことで、痛みを最低限に抑えることができるでしょう。

やめたくなるほど痛いことは珍しいサロン脱毛

脱毛サロンの光脱毛は、部位によっては痛みを強めに感じることもあるものの、それは一瞬の出来事。むしろ、毛抜きでムダ毛を処理した経験のある人にとっては、脱毛のほうが痛くないと感じるケースも多いのです。光脱毛の場合、「痛み」が理由で脱毛を中断してしまう人はほぼいないので、「痛いのが苦手で心配」と思っている人も、まずは挑戦してみることをオススメします。

痛みが心配ならキャンペーンを試してみよう!

体験キャンペーンに多いワキ脱毛はどちらかというと痛い部位にあたりますが、見えやすい部位なので脱毛のメリットも大!また、ワキの痛みが大丈夫なら、ほかの部位についてもほぼOKだと言えるので、入り口としてちょうど良いのです。痛みの程度を知ってから脱毛の計画を考えたいなら、ワキ脱毛のお得なキャンペーンを探して活用してみて下さいね!

脱毛に関する疑問を解決

Ranking
脱毛サロン 人気ランキング

no.1
キレイモ
月額制の全身脱毛ならキレイモがお得!何と言っても安くて脱毛できる部位数が多い♪おすすめサロンです。
no.2
銀座カラー
老舗の脱毛専門サロン!全身脱毛は安さより効果を重視するという人におすすめ!
no.3
シースリー
月々の負担金も安い!納得するまで通い放題の全身脱毛
no.4
ラットタット
顔脱毛も含めた全身48ヶ所の脱毛が人気!今ならお得な割引もあってラットタットは始めやすい♪
no.5
ミュゼ
ミュゼ
人気部位5ヵ所
クチコミ(57件)
ワキとVラインは回数無制限で脱毛OK!期間限定のリーズナブルなキャンペーンが魅力!

トップへ戻る