脱毛サロンが倒産したらどうする?リスク回避の対策法

巻き込まれたらどうなるの?エステ倒産の処理と危ない店の見分け方

時折、大きなニュースとして報じられることもあるエステサロンの倒産。支払ったお金が戻らないなどのトラブルが取り沙汰され、エステや脱毛は危険というイメージに繋がっていきます。脱毛に通うことを家族などに反対されたりする大きな要因にもなる「エステ倒産」ついて、実情やリスク回避の知識を身につけておきましょう。

脱毛サロンやエステの倒産は珍しくない!厳しい現状とは

多数の会員を抱える大手サロンの倒産は、ニュースとしてテレビでも大きく取り上げられ話題になります。数年に一度は耳にする話題…というイメージがありますが、実はエステ倒産はよくあることなのです。個人経営や規模の小さなチェーンの倒産であれば、全国ニュースなどでわざわざ報じられることはありません。私たちが知っている以上に、エステの倒産は頻繁に起きているのだと言えるでしょう。

特に脱毛業界においては、店舗数の増加と低価格化、支払い方法の変化といったいろいろな要因が重なり、厳しい状況が続いていると言われています。大手だから大丈夫!という考え方も通用せず、いきなりつぶれてしまうケースも…。

スペシャルケアとしての美容エステ通いとは異なり、脱毛サロンの場合は継続する必要が必ずあるため、サロンが倒産してしまった時の被害額も大きくなりがちです。では、脱毛サロン倒産に巻き込まれると、実際にはどうなるのでしょうか?

既にまとまった金額を払い込んでしまっていた場合、残念ですが、これが返金される可能性はかなり低くなります。場合によっては少額が戻ることもありますが、全額返還されることはまずないと言ってもいいでしょう。カードなどで分割払いをしている場合、すぐに支払いを停止する手続きをとる必要があります。放置するとそのまま引き落としは続くことになるので、電話での問い合わせをなるべく早く行い、必要な場合は書面での申請をして下さい。

残りの脱毛施術に関しては、ケースバイケースで異なってきます。その後一切脱毛を継続できなくなる場合もあれば、同業者からの救済が実施されることも。これまでの救済措置の内容としては、契約をそのまま引き継ぐ(別の脱毛サロンに通い続けられる)、新たなサロンで契約を優遇する(割引になる)といった例がありますが、事前に決まっていることではなく、それを予測することは困難です。

エステ倒産の対策〜契約時にできるリスク回避

倒産でお金を失わないよう、契約時にできる一番の対策は、「大きな契約をしないこと」。これだけです。長期のコースをまとめて契約したほうが、一回当たりの金額がお得になるのが普通ですが、リスクヘッジのためにはNG。その都度払いや、縛りのない月額制での利用がお勧めです。中間をとって、短期の契約(1年間/6回など)をくり返すという方法も、大きな損を避けるためには有効な対策となります。

脱毛サロンでしっかり効果を得るためには、2〜3年間通い続ける必要があります。妊娠や出産で中断する人も多いので、例えばコンスタントに通ったとして、3年分の契約だったとしても、実際にはもっと長い時間がかかる可能性があるわけですね。契約時に店舗の状況や雰囲気などをどんなによく見ても、3年後や5年後までを見極めることはできません。つまり、それで安全性を判断することは非常に難しい!初来店の時に経営状態が良好でも、脱毛が完了するまで同じだとは限りませんよね。

ここまでは契約をする場合の話で、避けた方が良いとされるサロンのチェックポイントをあげていきます。

経営状態を疑うべきサロンの特徴

現金払いしかできないor現金払いだけの割引をしている
・長期契約や物販のセールスがとにかく激しい
・店舗展開の割に広告が派手すぎる、激安キャンペーンを多発している

上記の3点に当てはまる場合は、要注意です。特に、それまでは違ったのに、急にどれかにあてはまるような状況になったら、慎重に見極めるつもりでいてください。

長期契約に不安を覚えるケース

・個人経営などの独立サロンでエステの協会に未加盟
・新規オープンで実績が少ない
・紹介など、人脈メインでの経営で広告宣伝をしていない

この3点にあてはまるサロンは、「経営状態が急に悪くなる」可能性が高いと言えます。こぢんまりしたサロンの中には雰囲気が良く通いやすいお店もありますが、長期契約を結ぶリスクはオススメできません。

普段からチェックしたい項目

・掃除が行き届いていなかったり、花や観葉植物が傷んでいる
・サロンスタッフの態度が良くない、客の見えるところでだらけている
・調子の良い営業トークばかりしてくる

ホコリが目についたり、飾りがお粗末な状態で放置されている様子は、従業員のモチベーションが下がっている証拠です。倒産との関わりはともかく、あまり良い状況のサロンではないことが見て取れるわけで、利用そのものを考え直したほうがいいかもしれません。最初はハキハキした店員とピカピカのお店だったのに、通っているうちにこのような状況に変わってきたとしたら、経営状態の悪化が影響している可能性も!

それでも倒産に巻き込まれたら?まずやるべきこと

その都度払い、または縛りなしの月額制以外の脱毛サロン利用では、誰もがサロン倒産の被害者になる可能性があります。自分だけは大丈夫!と軽く考えず、もしもの時にどうすれば良いかを知っておいてくださいね!

緊急時の連絡先など

消費生活センターに電話相談をする。局番なしの188で繋がります。
・AEAエステティック相談センターにアクセス。月・水・金の午後/03-5212-8805
・契約書を確認。前受金の保全措置が含まれていればお金が返ってくる可能性アリ。

消費生活センターやAEAエステティック相談センターに相談することで、カードの支払いや信販会社とのローン契約の扱い、返金や救済についてなどの具体的な情報を得ることができます。エステの倒産は事例や契約の内容によって細かな展開は変わってくるため、臨機応変に行動しましょう。

相談や手続きは早いほうが良いので、通っているエステの倒産を知ったら、すぐにでも行動しましょう。実際にサロンに顧客が詰めかけている映像をテレビで目にしたことがあるかもしれませんが、店舗に行っても倒産の場合あまり意味がないので、無駄な労力を使う必要はありません。電話相談の指示に従って、落ち着いて行動して下さいね。

特集!はじめての全身脱毛にお役立ち

Ranking
脱毛サロン 人気ランキング

no.1
キレイモ
月額制の全身脱毛ならキレイモがお得!何と言っても安くて脱毛できる部位数が多い♪おすすめサロンです。
no.2
銀座カラー
老舗の脱毛専門サロン!全身脱毛は安さより効果を重視するという人におすすめ!
no.3
シースリー
月々の負担金も安い!納得するまで通い放題の全身脱毛
no.4
コロリー
顔脱毛も含めた全身48ヶ所の脱毛が人気!今ならお得な割引もあってコロリーは始めやすい♪
no.5
ミュゼ
ミュゼ
両ワキ+Vライン+選べる3ヶ所
クチコミ(57件)
ワキとVラインは回数無制限で脱毛OK!期間限定のリーズナブルなキャンペーンが魅力!

トップへ戻る