人気脱毛サロン7社を辛口評価 人気脱毛サロン7社を辛口評価|全身脱毛完全ガイド
トップ > 脱毛の疑問を解決! > 白髪は脱毛できる?ハイパースキン脱毛、ソプラノ、ニードル脱毛を調査

白髪は脱毛できる?ハイパースキン脱毛、ソプラノ、ニードル脱毛を調査

年齢とともに増えてくる白髪。脱毛したい部位に白髪が出来てしまったら脱毛はできるのでしょうか。VIOや髭に出てきた白髪は老けて見えるし、できれば一緒に脱毛してしまいたいですよね。

今回は、白髪は脱毛ができるのかについて、編集部スタッフが詳しく調査しました。

この記事では

  • ハイパースキン脱毛で白髪の脱毛はできる?
  • ソプラノで白髪の脱毛はできる?
  • ニードル脱毛で白髪の脱毛はできる?
  • 白髪の脱毛ができる医療クリニック、脱毛サロン
  • VIOやヒゲの白髪は脱毛できる?
  • 白髪と脱毛の関係

についてまとめています。

白髪は脱毛できる?

白髪の脱毛ができると噂されているのが、ハイパースキン脱毛、医療レーザー脱毛器ソプラノ、そしてニードル脱毛です。

これらは本当に脱毛が可能なのでしょうか。1つずつ解説していきます。

ハイパースキン脱毛で白髪の脱毛はできる?

Dione(ディオーネ)

ハイパースキン脱毛は、脱毛サロンで行う脱毛のひとつでディオーネで利用することができます。

ハイパースキン脱毛が白髪の脱毛に効果があるのかを調査しました。


ハイパースキン脱毛とは

ハイパースキン脱毛は、従来の脱毛サロンで行われていた光脱毛とはアプローチの方法が違います。光脱毛は、メラニン色素に反応する光を照射すると、発毛因子である毛根がその光を吸収してダメージを受け脱毛ができるというものです。

ハイパースキン脱毛は蓄熱式(SHR)脱毛という脱毛方法です。発毛の指令を出しているバルジ領域に熱を加えることで、ダメージを与えて毛の成長を妨げることで脱毛が可能になります。

今から生えてくる毛の種を摘み取る脱毛様式で、すでに生えている毛に対して影響しないので、毛周期に関係なく施術を受けることができます。そのため、従来の光脱毛のように何カ月も間隔をあける必要がなく、数週間程度で次の処理が可能。短期間で脱毛を完了することができます。

従来の光脱毛は、毛根に高温の熱を加えてダメージを与えていたので痛みがあり、途中で脱毛をやめてしまう人もいるくらいでした。ハイパースキン脱毛は、バルジ領域を低温で温め刺激を与えるので、痛みがほとんどなく、痛みが苦手な人でも受けられます。肌トラブルも起こしにくいので、敏感肌の人でも受けやすいのもメリットです。

ハイパースキン脱毛で白髪の脱毛は可能?

従来の光脱毛では、色素が薄い産毛や白髪に対しては反応が非常に悪く、満足のいく効果が得られないことが多かったですが、ハイパースキン脱毛では、メラニン色素に反応するわけではないので、白髪や金髪の毛などにもある程度の効果が見られます。

ただし、白髪を完全に脱毛できるかということに対しては、エビデンスが低く、あくまで「減毛効果」が得られると考えましょう。

編集部CHECK
ハイパースキン脱毛では、白髪の脱毛効果があるとはいえないみたい。白髪も脱毛できたって人もいるみたいだけど、誰でも白髪に効果ありということではないみたいね。

ソプラノで白髪の脱毛はできる?

ソプラノは、医療クリニックで使用される医療レーザー脱毛器の機種のひとつです。レジーナクリニックや聖心美容クリニックなどで取り扱っています。ソプラノが白髪の脱毛に効果があるのか調査しました。


ソプラノとは

ソプラノはダイオードレーザーを使用した脱毛器の機種で、ソプラノ、ソプラノアイス、ソプラノアイスプラチナムの3種類があります。従来のメラニン色素に反応して毛根にダメージを与えるショット式とは違い、発毛の指令を出しているバルジ領域に熱ダメージを与える蓄熱式の脱毛器です。

毛周期に合わせた脱毛施術を行う必要がないので、数週間の間隔で次の施術を行うことができ、脱毛完了までの時間が短くてすみます。

また、毛根を直接破壊するアレキサンドライトレーザーやYAGレーザーなどに比べて低温でバルジ領域にダメージを与えることが可能なため、熱による痛みが少ないことも特徴です。

最新機器であり、従来のレーザー機器のデメリットであった、産毛や色素の薄い毛に反応しにくい点や、脱毛にかかる期間、痛みなどを解決している機器として注目を集めています。

ソプラノは白髪の脱毛に効果があるの?

メラニン色素に反応させるわけではないので、産毛や色素のうすい白っぽい毛などに対してもある程度の効果はあるといわれています。しかし、白髪への脱毛効果は個人差が大きく、まだまだ実績が少ない機種のため現時点では効果があるとは言えません。

編集部CHECK
ソプラノは痛くない医療脱毛器で注目されているわ。産毛への脱毛効果が高いって話題たけど、白髪への脱毛効果については、はっきりとはわかっていないのね。

ニードル脱毛で白髪の脱毛はできる?

ニードル脱毛は、毛穴に針を差し込んで、電流を流し毛根を破壊させる脱毛方法のことです。針脱毛や、電気脱毛とも言われています。

レーザー脱毛や光脱毛とは違い、毛穴に対して1本ずつ施術を行うので脱毛が完了するまでにかなりの時間がかかります。針を使うので強い痛みを伴うという欠点があり、あまりの痛さに挫折してしまった、という声も多い脱毛方法です。

ニードル脱毛は、医療クリニックと脱毛サロンのどちらでも施術を受けることができます。それではニードル脱毛で白髪の脱毛が可能なのか、そして医療クリニックと脱毛サロンのニードル脱毛の違いについて見ていきましょう。


医療クリニックで行うニードル脱毛

医療クリニックで行うニードル脱毛は、FDAが唯一永久脱毛が可能と認めている脱毛方法です。永久脱毛とは、「一生毛の処理をしなくてもいい状態、または毛の再生率が20%以下である状態」を指します。

医療クリニックでは、針に絶縁体をコーティーングした絶縁針を使って行います。絶縁体が皮膚への通電を防いで、皮下組織にのみ電気を通すことから、強い電力を流しても火傷のリスクが少なくてすみます。

専門技術が必要で、強い電力を使用することから絶縁針をつかった絶縁針脱毛は医療クリニックでしか受けることができません。

また強い痛みを伴うニードル脱毛ですが、医療クリニックであれば麻酔の使用が可能です。医師の監督のもと、麻酔を適切に使うことで、痛みをそこまで感じずにニードル脱毛の施術を受けることがで可能です。


脱毛サロンで行うニードル脱毛

脱毛サロンで行うニードル脱毛は、美容電気脱毛とも言われます。

医療クリニックと違うのは、高い電力を流すことができないという点です。電力が弱い分、脱毛効果も劣ります。毛根を破壊するニードル脱毛の施術は医療クリニックでしか行うことが出来ず、美容電気脱毛では永久脱毛はできません。

痛み強いニードル脱毛ですが、麻酔をかけることができないので我慢をするしかありません。麻酔の代わりに痛みを軽減できる、さまざまな種類の美容電気脱毛が作られています。

電気分解法

電気分解作用によって毛包内に水酸化ナトリウムを発生させて、発毛組織を処理するというものです。1本あたりにかかる施術時間が1分強と比較的長いうえ、痛みがとても強い方法です。

フラッシュ法

脱毛したいところに高周波を照射して、高周波の振動で発熱させることで、毛根を縮小させるものです。高周波の出力が高いものをフラッシュ法、低いものをマニュアル法といいます。1本あたりにかかる時間は、フラッシュ法で1秒以下、マニュアル法で3秒以内です。電気分解法に比べると痛みは少ないですが、毛質によっては施術ができない場合もあり、脱毛効果がややおとるという難点があります。

ブレンド法

脱毛効果は高く痛みの強い電気分解法と、痛みは少ないが脱毛効果がやや劣る高周波法を組み合わせた脱毛方法です。アルカリと熱の相乗効果によって、発毛組織にダメージをあたえます。

ショートウェーブ法

電極を毛穴に挿入して、高周波を流し毛根部にダメージを与える脱毛方法です。

スーパーフラッシュ法

ショートウェーブ法と同様に、電極を毛穴に挿入して高周波を流す方法です。ショートウェーブ法よりも処理時間をはやめたもので、1本あたり0.03秒という短時間で脱毛を終わらせられるので、痛みを最小限に抑えることが可能です。


ニードル脱毛は白髪の脱毛に効果があるの?

ニードル脱毛であれば、白髪の脱毛が可能です。

メラニン色素に反応するのではなく、直接毛根を刺激するので、白髪や産毛、金髪など、どんな毛に対しても効果があります。脱毛サロンで行うニードル脱毛はさまざまな種類がありますが、どの脱毛方法でもメラニン色素に反応させて行う脱毛方法とはアプローチが違っているので、白髪や産毛、金髪でも脱毛が可能です。

白髪の脱毛ができる医療クリニック

ニードル脱毛ができる医療クリニックはこちら

  • フェミークリニック
  • ビューティースキンクリニック
  • 渋谷皮フ科医院
  • 美容皮膚科 川口クリニック
  • 横浜ベイクリニック など

医療クリニックではニードル脱毛が可能なクリニックがいくつか見つかりました。

白髪の脱毛ができる脱毛サロン

ニードル脱毛ができる脱毛サロンはこちら

  • エステティックTBC など

全国展開している大手脱毛サロンではTBCのみでした。その他にも小規模の脱毛サロンではいくつか扱っているところがあります。

VIOや髭の白髪は脱毛可能?
ニードル脱毛を行うことで、白髪でも脱毛をすることができます。ただ、ニードル脱毛の最大のデメリットはとても痛いということ。VIOやひげなど、白髪が目立ちやすい部位のすべてをニードル脱毛で行おうとすると、かなりの痛みを伴いますし、時間もかかるため、忍耐力が必要になります。そのため、痛みが少ない蓄熱式のレーザー脱毛で、ある程度脱毛を完了させて、残ってしまった白髪だけニードル脱毛で仕上げる、という方法がおすすめです。

白髪と脱毛の仕組み

白髪は、老化などによってメラニン色素を産生しなくなった毛です。

そのため、メラニン色素に反応させることで毛根にダメージを与える従来のレーザー脱毛では、白髪に対しては効果を発揮できませんでした。そこで近年、新たに登場したのが蓄熱式と呼ばれるレーザー脱毛機器です。発毛の指令を出しているバルジ領域に低温で熱ダメージを与えることで、今から生えてくる毛の元を断ち切ってしまう脱毛方法です。

この蓄熱式の脱毛機器は、メラニンに反応するわけではないので、メラニン色素が薄い、もしくはなくなってしまった白髪に対してもある程度の有効性があると言われています。実際に白髪も脱毛ができたという方もいるようですし、白髪に効果ありとうたっているクリニックもあります。

しかし永久脱毛ができるというエビデンスはなく、「白髪を絶対に満足いくまで脱毛できます」と呼べるレベルではありません。

白髪に対しても十分な脱毛効果を得たいという方は、やはりニードル脱毛がおすすめです。ニードル脱毛は、毛根に対して直接ダメージを与えることができるので、白髪であっても永久脱毛することが可能です。

痛みが強いというデメリットはありますが、医療クリニックでの適切な麻酔処置によって痛みを緩和しつつ施術を受けることも可能です。

白髪は脱毛できるのか まとめ

今回の調査で、白髪の脱毛はニードル脱毛であれば可能ということがわかりました。

しかしニードル脱毛は、費用と期間がかかり、かなりの痛みも伴います。まずは医療クリニック、もしくは脱毛サロンで、蓄熱式の脱毛を行い、残ってしまった白髪をニードル脱毛するのがよさそうですね。


※この記事に掲載している情報は2018年7月調査時点の内容です。
この記事を読んだ人に、おすすめの記事
 
Ranking 脱毛サロンランキング
キレイモ
キレイモ 月額
月額制の全身脱毛ならキレイモがお得!何と言っても安くて脱毛できる部位数が多い♪おすすめサロンです。
銀座カラー
銀座カラー 月額
老舗の脱毛専門サロン!全身脱毛は安さより効果を重視するという人におすすめ!
シースリー
シースリー 月額
月々の負担金も安い!納得するまで通い放題の全身脱毛
ストラッシュ
ストラッシュ 月額7,980円
全く痛くない最新の脱毛方式でツルツルに!
   
ミュゼ
ミュゼ 初回50円
期間限定の特別価格で全身脱毛ができる!両ワキとVラインの通い放題付きでお得。
ページのトップへ