人気脱毛サロン7社を辛口評価 人気脱毛サロン7社を辛口評価|全身脱毛完全ガイド
トップ > 脱毛の疑問を解決! > 家庭用脱毛器の種類と効果は?自宅で出来るムダ毛ケア

家庭用脱毛器の種類と効果は?自宅で出来るムダ毛ケア

ムダ毛の自己処理のためのツールとして、様々なタイプの『家庭用脱毛器』が市販されています。カミソリや毛抜きからスタートして、次の段階でこの家庭用脱毛器が気になる人も多いはず。脱毛サロンに通い始めるか、家庭用脱毛器を購入するかで迷っている人もいるかもしれませんね。ここでは、購入を検討する前に知っておいてほしい、家庭用脱毛器についてのアレコレをご紹介します!

『家庭用脱毛器』と呼ばれているアイテムを大きく分けると?

ネットショッピングサイトで『家庭用脱毛器』と検索すると、数え切れないほど多種多様な商品に出会うことができて、戸惑った経験はないでしょうか。これらの商品群は、大まかには脱毛タイプとムダ毛処理タイプに分かれていて、実は、機能的にも効果の面でもかなり異なるのです。

脱毛タイプは、一般的にフラッシュ式またはレーザー式の機器で、業務用よりも出力が劣るものの、脱毛サロンなどでの施術と同じ効果が期待されます。ムダ毛処理タイプは、カットしたり抜いたりの処理ができる機具で、使い続けてもムダ毛の量が変化することはありません。

「脱毛」という言葉が幅広い意味で使われているのと同じで、家庭用脱毛器にもいろいろなタイプの製品があるというわけです。単純に値段の比較だけで購入を決めるのではなく、どんなタイプの機材なのかをしっかりと理解するのがまず重要!次に、代表的な家庭用脱毛器をタイプ別に解説していきます。

いろいろな家庭用脱毛器の仕組みと強み〜タイプ別解説

フラッシュ方式

主に脱毛サロンで採用されていることが多いフラッシュ式の家庭用脱毛器は、メラニン色素に反応して熱を加え、ムダ毛にダメージを与えます。使い切りの商品とカートリッジ取替式に分けることができますが、機能や価格の幅も広く、使い勝手も様々です。いつでも好きな時に、自宅で脱毛を進めることができるのが強みですが、手の届かない場所や見にくい部位の処理はやや困難。広い範囲に照射できるタイプや、ヘッドを滑らせるように使ってスピーディーに処理できるものも。

レーザー方式

ムダ毛にレーザーを照射して脱毛を進めるレーザー方式は、フラッシュ方式よりも効果が高いと言われています。ただし、一度に処理できる範囲は狭く、処理に時間がかかるのが弱点。産毛のような細い毛には使いづらいアイテムですが、太い毛の処理に定評があり、男性のヒゲ・すね毛対策用にも人気があります。安価な物もみつけられるフラッシュ方式と比較すると、価格帯はちょっとお高めになります。

熱処理方式

ヒーターでムダ毛をカットする方式で、「サーミコン」や「ヒートカット」と呼ばれることもあります。皮膚表面に出ている部分を取り除くアイテムで、処理後の状態としてはカミソリや電気シェーバーと同じ。時間が経てばまたムダ毛は生えてくるので、使い続ける必要があります。脱毛や減毛の効果は得られません。熱処理を行うことでムダ毛の毛先が尖らず、チクチク感じにくいのが大きなメリット。ただし、毛の焼けるニオイは発生するので、気になる人は要注意です。

抜毛方式

電気シェーバーのような形状のものが多く、ヘッドにローラーのようなムダ毛を掴む仕組みを持ち、ムダ毛を抜いていく方式のアイテム。部位別にいくつかのアタッチメントを取り替えられるタイプや、顔専用のスリムな製品も存在しています。ムダ毛を抜くという点では毛抜きと同じですが、肌が引っ張られないように押さえながら抜き去るような工夫が凝らされています。広い範囲のムダ毛を素早く抜けるので根強い人気がありますが、痛みを敬遠する人もまた多い方式です。

安全性と効き目はどう?家庭用脱毛器とトラブル

ここまでで説明した4タイプの家庭用脱毛器の中で、続けて使うことで脱毛サロンのように「ムダ毛を減らし、最終的にはほとんど生えてこない状態」を目指すことができるのは、フラッシュ方式とレーザー方式のみです。これらの場合、製品数が多いため一概には言い切れませんが、根気よく使い続けることで一定の効果を得ることは可能だと言えます。

ただし、脱毛サロン料金の低価格が進んだことで、単純比較だけで安価に済むと決めつけられず、手間やお手入れの難しい部位があることを考えれば、全身脱毛の代わりに使うことはオススメできません。また、出力が小さく押さえられているとはいえ、フラッシュもレーザーもある程度お肌にダメージを受けてしまうもの。家庭用脱毛器を使って肌荒れなどのトラブルが起きてしまった場合も、自己責任になるのが普通です。

熱処理方式の機具は、熱線が直接肌に当たらないように設計されてはいますが、凹凸の多い部位や、使い方次第では触れてしまう可能性があります。ムダ毛を焼き切る温度があるわけですから、もしも接触してしまえば火傷に!無理に肌に押しつけたりしないよう、安全に気をつけながら使いましょう。

抜毛方式の場合、トラブルとして起きうるのは毛抜き処理の時と同じです。抜くことでしばらくはムダ毛のない状態を作り出せますが、埋没毛や毛嚢炎、その後の色素沈着など、様々な肌トラブルを招く可能性があります。機械を使っても特にリスクが低減するわけではないため、その点をよく理解した上で使用し、前後のケアをしっかりと行う必要があるでしょう。

家庭用脱毛器と脱毛サロンの併用はできる?

結論から言うと、脱毛サロンに通いつつフラッシュやレーザー方式の家庭用脱毛器を使い続けることはオススメできません。脱毛サロンに通うタイミングは毛周期に合わせたものであり、途中で家庭用脱毛器を使ってしまうとこれが乱れてしまうためです。併用することで、脱毛サロンの施術タイミングにしっかり効果を得られなくなってしまうかも…。少なくとも、脱毛サロンで施術を受けている部位に対して家庭用脱毛器を併用するのは、損をしないためにもやめておくのが得策です。

熱処理方式の場合、処理後のムダ毛の状態は電気シェーバーと代わりありませんから、日頃のお手入れとして使い続けることは可能です。心配な場合は通っている脱毛サロンに相談し、問題ないかどうかを確認しておきましょう。

抜毛方式については、脱毛中の使用は絶対にNG!ムダ毛を抜いてしまうと毛周期が乱れるだけでなく、脱毛の効果を得ることができなくなってしまいます。もちろん、脱毛をしていない部位については関係ないため使用しても大丈夫ですが、将来的にいずれ脱毛をしようと考えている場合は使わない方が無難。肌トラブルから色素沈着が起きてしまうと、脱毛できない部位ができたり、痛みを強く感じたりする可能性が…。また、現在脱毛を検討中で抜毛方式の家庭用脱毛器を使っている人は、しばらく使用を控えてからでなければ脱毛をスタートできないので、早めに電気シェーバーでの処理に切り替えるのがオススメです!

家庭用脱毛器として販売されている製品も、実際にはカッターや高機能の毛抜きであったりします。全身脱毛をしたいなら、フラッシュやレーザーの家庭用脱毛器よりやはりサロンがオススメ。脱毛完了後や数年後に、少しだけムダ毛が復活してしまった場合に、フラッシュ式家庭用脱毛器で対応するといった使い方もあります。脱毛後、1本残りしてしまったムダ毛の撃退に、レーザー式の家庭用脱毛器で対応するというケースも。それぞれの製品の特性を理解して、賢く家庭用脱毛器を活用しましょう

特集!はじめての全身脱毛にお役立ち

 
Ranking 脱毛サロンランキング
キレイモ
キレイモ 月額
月額制の全身脱毛ならキレイモがお得!何と言っても安くて脱毛できる部位数が多い♪おすすめサロンです。
銀座カラー
銀座カラー 月額
老舗の脱毛専門サロン!全身脱毛は安さより効果を重視するという人におすすめ!
シースリー
シースリー 月額
月々の負担金も安い!納得するまで通い放題の全身脱毛
コロリー
コロリー 月額
顔脱毛も含めた全身34ヶ所の脱毛が人気!今ならお得な割引もあってコロリーは始めやすい♪
ミュゼ
ミュゼ 初回50円
期間限定の特別価格で全身脱毛ができる!両ワキとVラインの通い放題付きでお得。          
ページのトップへ