人気脱毛サロン7社を辛口評価 人気脱毛サロン7社を辛口評価|全身脱毛完全ガイド
トップ > 医療脱毛 > こんな人は医療脱毛ができない?薬の使用、整形、タトゥーは脱毛を断られる?

こんな人は医療脱毛ができない?薬の使用、整形、タトゥーは脱毛を断られる?

医療脱毛は、医療レーザーを照射して脱毛を行います。医療レーザーはパワーが強いため、肌への刺激も強く、脱毛前の肌の状態によっては施術が行えない場合があります。

この記事では、医療脱毛ができない肌の状態や、体調について、編集部スタッフが解説していきます。

こんな肌の状態は医療脱毛できる?できない?

肌に異常がない場合は問題なく脱毛することができますが、肌が「いつもと違う」場合は注意が必要です。

粘膜、眼球、毛髪などは脱毛ができない

粘膜や眼球、毛髪は脱毛ができません。レーザーが強く反応しやすい部位のため、火傷や炎症などを起こしやすいことからレーザーの照射を避けて脱毛を行います。

悪化したニキビはよけて照射する

部位全体に複数のニキビがある場合は、医師が状態を見て脱毛が可能かどうか判断します。状態のひどいニキビがある場合は、ニキビをよけてレーザーを照射し脱毛を行うので、そのほかの部位については施術をすることが可能です。/p>

日焼け肌、地黒は脱毛できない

医療レーザーは毛根のメラニン色素を破壊して脱毛を行います。肌が日焼けしていたり、色黒の人は、肌の黒色にもレーザーが反応してしまい、強い痛みを感じたり、炎症を起こす可能性があるので、施術ができない場合があります。

ただし、メラニン色素に反応しないソプラノアイスプラチナムや、メディオスターなど蓄熱式の脱毛器ならば、日焼けをしていても脱毛の施術が可能です。ソプラノアイスプラチナムはレジーナクリニックで使用することができます。メディオスターはリゼクリニックで使用することができます。

色の濃いシミ、ほくろ、肝斑はよけて照射する

しみや肝斑、ほくろの色が濃い場合は、その部分への照射を避けたりシールなどでカバーして脱毛の施術を行います。

乾燥肌は脱毛できない場合も

基本的に脱毛することは可能です。ただし肌が乾燥しているとレーザーの照射時に痛みを感じやすくなります。脱毛の施術前後はしっかりと保湿を行う必要にがあります。

医療脱毛クリニックによっては、施術を断られる場合もあるので、脱毛をする前から保湿をしっかりと行っておきましょう。

悪化したアトピー性皮膚炎はよけて照射する

アトピーであっても脱毛を行うことは可能です。しかし炎症がひどい部分や、色素沈着が濃い部分は避けて脱毛の施術を行う場合もあります。

また長期間ステロイドを使用している場合は、一定期間、薬の使用をやめてからでないと、施術ができません。

ケロイド部分は脱毛できない

傷跡やあざのような状態は、医師の診察で問題がなければ照射することが可能ですが、ケロイドになっている部位はレーザーの刺激で悪化する可能性があるため施術ができません。ケロイド部分のみ避けて脱毛の施術を行うことは可能です。

タトゥー(刺青)・アートメイク部分は脱毛できない

タトゥー、アートメイクのある部分は、色素にレーザーが反応してしまうため照射ができません。タトゥーや、アートメイクがあってもニードル脱毛でなら脱毛することができます。

メラニンに反応させないで脱毛を行うソプラノアイスやメディオスターであれば、やけどの心配がなく脱毛をすることは可能です。しかし医療脱毛クリニックの現役ドクターに確認したところ、レーザーの照射によってタトゥーやアートメイクの色が薄くなる可能性があるので、リスクを避けるため基本的には医療脱毛クリニック側が施術をお断りしているということです。

ピアス、ボディーピアスは外せば脱毛が可能

ピアスやボディーピアスの穴が開いていても、脱毛の施術をすることが可能です。施術前に、ピアスや、ボディーピアスを外す必要があります。もし外れないタイプのピアスの場合は、その部分を避けてレーザーを照射し施術を行うことが可能です。


健康状態で脱毛できないことがある

肌の状態だけでなく、健康状態によっても脱毛ができないことがあります。

風邪、下痢、発熱など体調不良がある人

風邪を引いていたり、下痢や発熱がある場合は、なるべく脱毛するのを避けた方が無難です。下痢の場合はVIO脱毛ができないクリニックもありますし、施術で冷却ジェルを使用する場合は、冷えて体調が悪化する可能性もあります。

薬の使用をしている人

ピルや、ステロイドの使用中であっても脱毛の施術をすることが可能です。ただし色素沈着や感染症などのリスクがゼロではありません。またステロイドは長期的に使用している場合、皮膚が薄くなっていて炎症を起こしたりやけどをしやすくなるので、一定の期間使用を中止してから脱毛を行うことになります。

抗生物質や、睡眠薬、鎮痛剤は脱毛する前日から3日くらいの間、使用を控えていれば脱毛を行うことが可能です。

生理中のVIO脱毛はNG

基本的に生理であっても脱毛を行うことは可能です。。ただしVIO脱毛は衛生面から施術を行うことができません。

予防接種の前後は脱毛できない

予防接種を受けた前後2週間の期間は脱毛の施術ができません。発熱や腫れなどがおきる可能性があるので、予防接種を受ける期間を避けて施術しましょう。

虫歯、歯列矯正、インプラントは痛みを伴うことがある

虫歯がある場合や歯列矯正、インプラントをしている場合は施術可能です。ただ治療で使用している器具にレーザーが反応することで痛みを感じることがあります。

妊娠中、授乳中は脱毛できない

妊娠中、授乳中は脱毛の施術はできません。肌トラブルがおきた場合に薬が使えないことや、ホルモンバランスが不安定なことで効果的に脱毛ができない可能性があるためです。

美容整形している部分は脱毛できない

基本的に施術は可能ですが、美容整形の際に使用した基材によって、レーザーが反応することがあるので、カウンセリングの際に必ず美容整形をしたことと、その部位について医師に話しておきましょう。

結婚式前の1ヶ月以内は脱毛ができない

結婚式前1ヵ月間は医療脱毛クリニック側で施術を断っています。医療レーザーで脱毛をした場合、炎症ややけどなどを起こす可能性があり、大切な式に肌トラブルになる可能性を防ぐためです。結婚式前に脱毛を行う場合は、余裕をもって結婚式の1ヶ月以上前に予約をしましょう。

持病によっては脱毛ができない

光過敏性発作や、てんかん、がん、喘息の場合は、脱毛ができない場合があります。判断は医療脱毛クリニックによって異なりますので、カウンセリングの際に確認してください。

またペースメーカーを装着している人、HIV・肝炎ウイルスに感染している方は脱毛の施術を行うことができません。

編集部CHECK
病気や体質で脱毛できないことがあるのね。でもちょっとした対応で医療脱毛が受けられることもあるから、まずはカウンセリングで相談してみてね!
※この記事に掲載している情報は2018年10月調査時点の内容です。
この記事を読んだ人に、おすすめの記事
 
Ranking 脱毛サロンランキング
キレイモ
キレイモ 月額
月額制の全身脱毛ならキレイモがお得!何と言っても安くて脱毛できる部位数が多い♪おすすめサロンです。
銀座カラー
銀座カラー 月額
老舗の脱毛専門サロン!全身脱毛は安さより効果を重視するという人におすすめ!
シースリー
シースリー 月額
月々の負担金も安い!納得するまで通い放題の全身脱毛
コロリー
コロリー 月額
顔脱毛も含めた全身34ヶ所の脱毛が人気!今ならお得な割引もあってコロリーは始めやすい♪
ミュゼ
ミュゼ 初回50円
期間限定の特別価格で全身脱毛ができる!両ワキとVラインの通い放題付きでお得。          
ページのトップへ