人気脱毛サロン7社を辛口評価|全身脱毛完全ガイド 人気脱毛サロン7社を辛口評価|全身脱毛完全ガイド
トップ > 医療脱毛 > 医療レーザーで顔にシミができるって本当?

医療レーザーで顔にシミができるって本当?

医療脱毛をした人の中に、脱毛後シミができてしまったという人がいるようです。医療脱毛をすることで本当にシミができることがあるのでしょうか。

ここでは、実際に医療脱毛クリニックで施術をされている現役ドクターに伺った、医療脱毛とシミの関係についてを、編集部スタッフが詳しく解説していきます。

医療レーザーでシミができることはあるの?

医療レーザー脱毛を行った後、シミができてしまったように感じることは実際にあります

原因は二つ考えられますが、一番多いのが炎症性色素沈着です。炎症性色素沈着はシミではなく、レーザー照射によって生じた火傷や毛のう炎に対して、適切なホームケアを行わなかったことが原因で起こるものです。

そしてふたつめは、医療レーザーを照射したことにより、肌のターンオーバーが早まり、肌の奥にあった薄いシミが表面に出てきてしまった事によるものです。

もし脱毛でシミが出来たらどうする?

シミの原因によって、対策が変わってきます。

肌のターンオーバーが早まって出てきてしまったシミについては、そのまま脱毛を続けることで自然となくなっていくでしょう。なくなるまでの目安は、肌のターンオーバーにかかる28日程度です。保湿や、継続的な紫外線対策をして、様子を見ましょう。その他に特別何かをする必要はありません。28日経っても薄くならないシミであれば一度クリニックを受診し、治療方針を医師と相談しましょう。

火傷や毛のう炎の後が色素沈着をしてしまった場合には、美白効果のある塗り薬やレーザーによるシミ治療が必要になります。この場合のシミは炎症性色素沈着といい消えるまでにやや時間がかかる場合があります。

やけどや毛のう炎は、患部を触ることで色素沈着の原因になってしまいます。肌に違和感や異常を感じ場合は、触らずにまずクリニックを受信しましょう。

編集部CHECK

脱毛後にシミを作らないようにする一般的な対策は、紫外線対策と保湿よ!レーザー照射後に肌が乾燥すると、肌を防御するためにメラニン色素が過剰に産生されてシミが濃くなる原因になってしまうの。



脱毛でほくろが増えることはある?

医療レーザーを照射することで、ほくろが増えることもあります。

これはレーザー脱毛後に適切な保湿を行わなかったことが原因で、肌が防御のためにメラニン色素を過剰に作り、ほくろができてしまったと考えられます。

その他に、肌のターンオーバーによって浮き出てきたシミがほくろのように見えたり、レーザー脱毛による毛穴の炎症が黒っぽく見えてホクロ様になっているという場合もあります。

ほくろが増えるのがイヤという人や、ほくろが消えてほしいと思っている人は、美肌効果があるアレキサンドライトレーザーを照射できる脱毛器を選ぶと、脱毛と同時にシミやほくろを消してくれる可能性があります。

レジーナクリニックや、アリシアクリニックで扱っているジェントルレーズProや、湘南美容クリニックジェントルレーズという脱毛器がアレキサンドライトレーザーを照射できる脱毛器です。


編集部CHECK
シミやホクロに限らず、肌トラブルを防ぐためにも、脱毛後の保湿や、紫外線対策をはじめとしたホームケアをきちんと行うことがとても大切ね!
> 脱毛後のケア方法についてはこちら

※この記事に掲載している情報は2018年8月調査時点の内容です。
この記事を読んだ人に、おすすめの記事
 
Ranking 脱毛サロンランキング
キレイモ
キレイモ 月額
月額制の全身脱毛ならキレイモがお得!何と言っても安くて脱毛できる部位数が多い♪おすすめサロンです。
銀座カラー
銀座カラー 月額
老舗の脱毛専門サロン!全身脱毛は安さより効果を重視するという人におすすめ!
シースリー
シースリー 月額
月々の負担金も安い!納得するまで通い放題の全身脱毛
コロリー
コロリー 月額
顔脱毛も含めた全身34ヶ所の脱毛が人気!今ならお得な割引もあってコロリーは始めやすい♪
ミュゼ
ミュゼ 初回50円
期間限定の特別価格で全身脱毛ができる!両ワキとVラインの通い放題付きでお得。          
ページのトップへ