人気脱毛サロン7社を辛口評価|全身脱毛完全ガイド 人気脱毛サロン7社を辛口評価|全身脱毛完全ガイド
トップ > 医療脱毛 > 医療脱毛その日にしてはいけないNG事項&脱毛後のケアの方法

医療脱毛その日にしてはいけないNG事項&脱毛後のケアの方法

医療脱毛をしたその日に絶対にしてはいけないことがあります。

この記事では編集部スタッフが調査した、脱毛したその日の帰宅までの注意点や、脱毛後にしてはいけない事、いつからしてもいいのかなどについてまとめています。

さらに、医療脱毛後の肌の状態や、脱毛後の正しいケアの仕方についても詳しく解説しています。

医療脱毛後の肌の状態とは

医療脱毛をしたあとの肌は、とても敏感な状態です。

医療レーザー脱毛器によってレーザーを照射したあとの肌は乾燥しやすくなっていますし、レーザーの熱が加わったことで、火照ったり赤みが出たり、かゆみが出ることもあります。

乾燥しやすくなっているので、かきむしったりすると皮がむけてしまうことがあります。脱毛したところが気になって、べたべた触りすぎるのも、毛のう炎などのトラブルが起こることがあるので、よくありません。

そんなデリケートな脱毛後にしてはいけないことについて、見ていきましょう。

医療脱毛したその日 帰宅するまでの注意点

日焼け対策

脱毛をしたその日は、必ず日焼け対策を行ってから帰宅しましょう。レーザー照射後の肌はとても敏感になっているので、いつもよりも紫外線を吸収して、シミや日焼けを起こしてしまいます。

服装で対策

脱毛に行く日は、長そで(夏場であればカーディガンのように上から羽織るもの)、長ズボンなど露出しないような服装が安心です。

日焼け止めで対策

脱毛をした当日は必ず日焼け止めを塗って帰宅しましょう。日焼け止めは、とくにこういったタイプのものでないとだめということはありませんが、乾燥しにくい保湿ケアもできるものを選ぶのがおすすめです。

脱毛後に自宅に帰る程度なら、そこまで強い日焼け止めを使わなくても大丈夫です。

spf値が高い日焼け止めを使うと、肌を乾燥させたりトラブルの原因になるので注意が必要です。また何度も日焼け止めを塗りなおす行為も肌の乾燥を引き起こしてしまうので、よくありません。

強い日差しの中、長時間歩きまわったり、レジャーに出かける用事がある場合は、露出の少ない服装で対策をする方が良いでしょう。

そのほかのグッツで対策

紫外線が強い夏場は、日傘の利用も有効です。サングラスで、目から紫外線が入るのを防ぐのも効果的です。

日焼けの注意点

日焼け対策が必要な理由は、紫外線が脱毛後の肌によくないからというだけではありません。

医療レーザー脱毛は、一回ですべての毛がなくなるわけではなく、複数回にわたって施術を行う必要があります。メラニン色素に反応させて脱毛を行う性質上、次の施術までに極端に日焼けをしてしまうと、施術が受けられないことがあるので注意が必要です。

  

化粧

顔脱毛の当日にメイクをして帰るのは問題ありません。その場合は、できるだけ普段使っている肌が慣れているスキンケアや化粧品を使うようにしましょう。

初めて利用する化粧品は、肌トラブルや乾燥を起こしてしまう原因になりかねないので、避けたほうがよいでしょう。

脱毛後に赤味や腫れなどが出ている場合や、かゆみ・痛みがある場合は、できるだけメイクは控えて、最低限のスキンケアと日焼け止めにとどめておく方がよいです。その時の肌の状態を確認しながら医師と相談して判断してください。

化粧前の保湿について

脱毛のあとにメイクをする場合には、必ずスキンケアをしてしっかり保湿をしましょう。

特に施術後に肌にトラブルがなければ、普段使用しているものでスキンケアを行ってください。いつもよりもたっぷりめに化粧水やクリームを使って保湿するとよいでしょう。

この時、ピーリング成分が入っていたり、刺激が強いタイプのもの(すーっとする化粧水など)は避けた方がよいでしょう。低刺激で保湿効果の高いものを使うことをおすすめします。

クリニックによっては、レーザー施術のあとにおすすめのスキンケアをそろえているところもあるので、クリニックに確認してみましょう。

消臭スプレー・汗拭きシート

消臭スプレーや、汗拭きシートを使うことは、特に問題ありませんが、刺激の強いものについては避けた方がよいです。

わきや背中の脱毛のあとに極端に汗をかいたりすると、肌トラブルを起こしてしまったりヒリヒリすることがあるので、適切に汗拭きシートを使うのはおすすめです。

ただし、あまりシートでごしごしと強く肌をこすってしまうとトラブルを起こしてしまうことがあるので、皮膚が大きく動かないくらいのソフトタッチで、やさしくふき取る程度にしてください。

スプレータイプのもので、冷却効果の高いものは刺激が強い場合があるので注意して使用してください。肌トラブルが起こりやすい人は脱毛期間中の使用を避けた方がよいでしょう。

服装

脱毛施術を受けに行くときの服装に指定はありませんが、あまりしめつけの強いものは避けましょう。

VIOラインなどの脱毛後にムレやすく、毛のう炎や肌トラブルを起こす原因になるので避けたほうがよいでしょう。

可能であれば、上着を着用したり、長ズボン、長そでなど、できるだけ日光に露出する部分が少ない服装のほうが、日焼けのリスクを減らすことができるので望ましいです。

医療脱毛後に、してはいけないNG事項

ムダ毛処理、剃毛

脱毛の施術を受けた当日は、ムダ毛の自己処理は避けるようにしてください。

レーザー照射を受けた後の肌は非常に敏感になっているので、カミソリで剃毛してしまうと肌トラブルの原因になります。できれば1週間は避けることが望ましいです。

1週間後からのムダ毛処理の際には、毛を抜いたり、切れの悪いカミソリで剃毛するのは、肌トラブルを起こす可能性があるのでやめましょう。

しっかりとシェービングフォームをつけて剃毛するか、肌にやさしいタイプの電気シェーバーを使用するようにしてください。

運動

特に絶対だめというわけではありませんが、大量に汗をかくような運動をした場合、かゆみが出たり赤くなりやすいなどの症状が起こりやすくなります。

レーザー照射後の肌は敏感になっているので、塩分を多く含んだ汗が肌に触れることで乾燥したり、あせもになることがあります。

また、運動によって血行がよくなり体温が上がることで、かゆみが起きることがあります。脱毛後の肌は敏感になっているので、掻きむしってしまうと肌を傷めやすくなります。

特に肌が乾燥していたり赤味やかゆみなどの自覚症状がなければ、脱毛した翌日以降の運動は問題ありません。

アルコール

脱毛した当日は飲酒は避けた方がよいでしょう。

翌日以降は、多少の飲酒であれば問題ありませんが、飲酒によって血行が良くなると、赤くなったりかゆくなる場合があります。

脱毛後は、肌が敏感になっているので、いつもよりも肌に影響しやすくなっています。急激に血行がよくなることで、レーザー照射部位がヒリヒリしてしまうこともあるので注意が必要です。


入浴

施術後、とくに痛みや赤味、かゆみなどがなければ、入浴しても問題ありません。ただし、あまり長時間の入浴は避けたほうがよいでしょう。肌に異常を感じる場合は、シャワーのみで終わらせてください。

体を洗うときもあまりごしごしこすったりせず、やさしくソフトタッチで洗ってください。赤味やかゆみがなくなれば、翌日から入浴してもらっても問題ありません。


温泉

絶対にだめということはありませんが、できるなら当日の温泉やプールなどは避けた方がよいでしょう。

レーザーを当てた皮膚は敏感になっていて、感染などを起こしやすい状態になっています。不特定多数が出入りするお風呂やプールなどは、数日程度は避けた方が無難です。特に、何か肌に違和感を感じている場合は避けましょう。

また赤味やかゆみが残っている場合は、サウナや岩盤浴などで体をあたためると悪化してしまうことがあるので避けてください。

日焼け

基本的に、脱毛の施術を受けている間は日焼け対策は万全にしておいてください。野外に長期間いるようなイベントに参加したり、アウトドアをどうしても楽しみたい場合は、しっかりと日焼け止めを塗って、肌の露出が少ない服装で参加しましょう。

できれば脱毛後の1週間程度は避けた方がよいです。

マッサージやエステ

レーザー照射部位へのマッサージやエステは避けた方がよいでしょう。

オイルなどを使用する場合、ヒリヒリとしたり赤く腫れてしまったりすることがあります。また、レーザー照射部位を強くマッサージすることで血行がよくなってかゆみがひどく出てしまうことがあります。

マッサージやエステに行く場合は、2、3日はあけてからが良いでしょう。

ヘアカラー

顔脱毛などを受けたときは1週間くらいは避けた方が良いでしょう。

カラー剤がレーザー照射後の肌に付着してしまった場合、肌トラブルを起こしてしまうことがあります。特に照射後の肌は乾燥しやすくなっているので、カラー剤の成分によっては肌に触れるとよりいっそう乾燥を助長してしまうことがあります。

手足など、カラー剤が触れないような部位の脱毛後は、特に問題ありません。


性交渉

特に絶対だめというわけではありませんが、VIO脱毛後はできれば数日程度は控えたほうがよいでしょう。

脱毛部位が精液で汚れたり、指などで触れたりすることによって雑菌が繁殖してしまうことがあるからです。

VIO脱毛でなくても、レーザー照射後の肌はできるだけ清潔に保つほうがよいので、精液などで汚れたりするのは避けましょう。

運動を避けた方が良いのと同様に、大量の汗をかくのもあまりおすすめではありません。

薬の使用

内服や塗り薬がある場合は、医療脱毛の施術ができない場合があります。

ステロイドなどの塗り薬を使用している場合は、脱毛の可否を処方している医師の指示に従ってください。脱毛をしたいからと言って自己判断で薬を中断したりするのは避けてください。

医療脱毛を行う場合は、薬を処方している医師の指示に従う必要があるので、まずは相談をしてから、脱毛が可能どうかを判断しましょう。

薬を処方している医師から医療脱毛の許可が出た場合でも、脱毛を行うクリニックに飲んでいる薬、塗っている薬についてしっかりと申告したうえで脱毛してもらいましょう。

予防接種

基本的には医療脱毛の施術を受けている間は、予防接種などは避けることがおすすめです。

どうしても受けなければならない場合は、脱毛後1~2週間はあけるのが望ましいでしょう。

予防接種によって肌が敏感になったり、光線過敏症を起こしたり、肌のかゆみや疼痛、腫れ等を起こしてしまうこともあるからです。

医療脱毛後に、するべきケア

保湿する

脱毛している期間は、こまめに脱毛部位の保湿をしましょう。顔脱毛の場合は、しっかりめに保湿をしておくと、あとあと肌トラブルが起こりにくいです。

特に、かゆみが出ていたりなにか肌トラブルがあるときは乾燥しないように気を付けてください。乾燥することで症状が悪化する場合もあります。

保湿剤は、オイルがいい、クリームがいいといったような規定はありませんが、肌に優しい弱酸性のものを選ぶようにするとよいでしょう。

冷やす

熱感があったり赤みが出ているときは、施術後に肌を冷やします。クリニックでは、専用の保冷剤で冷やしてくれるところもあります。5分ほど冷却するとおさまることが多いですが、人によっては数時間続くこともあります。

帰宅後も症状が続いている場合には、保冷剤をタオルなどに包んで冷やしてください。直接保冷剤を当てていると、凍傷の原因になってしまうことがあるので何かで包んであてるようにしましょう。

クリニックでもらった軟膏やクリームを塗る

毛のう炎ができている、赤みや腫れが続いている、痛みが出たなどの場合は、クリニックからホームケアとして軟膏やクリームを渡されることがあります。

傷になって、かさぶたになってしまったときには、感染を防ぐ軟膏を渡されます。

寝る前など決まった時間に塗って対処しますが、軟膏やクリームを塗っても症状が良くならない、もしくは悪化しているような場合は、脱毛を行ったクリニックに連絡をして、早めに受診するようにしてください。

部位ごとの脱毛後のケアについて

顔脱毛

低刺激性で保湿力の高いものでスキンケアをしてください。メイクをする場合は、メイク用品も低刺激性のものを選ぶとよいでしょう。

VIO脱毛

痛みや赤味が長引きやすいので、施術直後に少し冷やすようにしましょう。べたべたしない専用のクリームなども売られているので、そういったアイテムをうまくつかって保湿をしてください。

脇脱毛

汗をかきやすい人は、施術後にワキが汗でしみることがあるので、汗拭きシートを利用するとよいでしょう。あまり強くゴシゴシ服のではなく、やさしく汗を拭きとるようにしましょう。

手脱毛・足脱毛

しっかりと日焼け止めを塗るようにしましょう。ただし、ヒリヒリしていたり、赤味やかゆみが出ている場合は、日焼け止めは避けて、露出の少ない服装を心がけましょう。お風呂上りは特に乾燥しやすいので、しっかり保湿クリームを塗るようにしましょう。

編集部CHECK

脱毛後は肌が敏感になりやすいから、しっかりと禁止事項を守って肌トラブルを防ぎましょうね。

乾燥しやすい時期でもあるから、しっかりと保湿対策もしておくと安心よ。

この記事を読んだ人に、おすすめの記事
 
Ranking 脱毛サロンランキング
キレイモ
キレイモ 月額
月額制の全身脱毛ならキレイモがお得!何と言っても安くて脱毛できる部位数が多い♪おすすめサロンです。
銀座カラー
銀座カラー 月額
老舗の脱毛専門サロン!全身脱毛は安さより効果を重視するという人におすすめ!
シースリー
シースリー 月額
月々の負担金も安い!納得するまで通い放題の全身脱毛
コロリー
コロリー 月額
顔脱毛も含めた全身34ヶ所の脱毛が人気!今ならお得な割引もあってコロリーは始めやすい♪
ミュゼ
ミュゼ 初回50円
期間限定の特別価格で全身脱毛ができる!両ワキとVラインの通い放題付きでお得。          
ページのトップへ