未成年でもOK?脱毛サロンに通うために必要なこと

未成年でもOK?脱毛サロンに通うために必要なこと

ムダ毛の悩みを解消したい気持ちは、10代でも大人でも同じもの。価格が手頃になった脱毛サロンの広告を目にすることも多く、脱毛を始めたいと感じる機会も多いことでしょう。とはいえまだ10代、体の成長はしていても、契約等には親の許可が必要なのは脱毛サロンも同じです。未成年の間に脱毛をスタートするには、どんな準備が必要なのでしょうか?

親に内緒で脱毛サロンはNG!未成年は脱毛の契約に同意書が必要

成人前に脱毛サロンや医療脱毛クリニックを利用するためには、必ず親権者の同意書が必要になります。高校生でも大学生でもそれは同じで、19歳以下での利用には必ず提出しなければなりません。この同意書を提出することで、はじめて未成年でも脱毛サロンと契約を結ぶことができるようになるのです。

確認作業の有無は各サロンによって違っており、電話確認を必要としている店舗もありますが、現在は親権者の同意書提出のみでいいサロンのほうが多い傾向にあります。カウンセリングに親権者の同伴が必要な場合もありますが、高校生以上で同伴を義務づけている脱毛サロンはほとんどありません。通いたい脱毛サロンがどの規定を持っているのかについては、変更されることも多いので情報サイトを鵜呑みにせず、必ず公式のホームページ上で確認しておきましょう。

就職や進学で家を出ていて同居していない場合でも、直筆で書いてもらった同意書は必要です。少々面倒ですが、帰省のタイミングを利用するか、急ぐなら郵送で取り寄せるのが良いでしょう。

大抵の場合、脱毛サロンのホームページ上に未成年者の利用についての説明ページが設けられており、そこから親権者同意書のフォーマットをダウンロードすることが可能です。プリントアウトした上で、直筆で書き入れてもらうことになります。プリンターがない場合は、同じ内容を手書きしても良いことになっていますが、コンビニのプリントサービスを利用すれば書き漏れの心配もなく簡単ですよ!捺印も必要なので、忘れないようにお願いしましょう。

初回のカウンセリング時にこの親権者同意書を持って行けば、成人と同じでその日に脱毛プランの契約を結ぶことができます(電話確認が必要な脱毛サロンを除く)。無料体験キャンペーンなどがあっても、同意書なしの状態では受けることはできないので、まず親に説明して許可をもらい、同意書を作成してからカウンセリングの予約をするという形で進めましょう。

ちなみに、大手サロンを見てみても、以下のように対応は様々です。

キレイモ

ホームページ上に、手書きで作成するための見本例あり。

銀座カラー

未成年でも、16歳以上で生理が2回来ていれば、脱毛OK。親権者同伴なら当日すぐに契約も可能。

ミュゼ

同意書プラス電話確認。きちんとしているからこそ、安心してお願いできます。

親が同意書を書いてくれない…説得のためのコツとは

親に説明するのなんてメンドクサイ!そんなの勝手に書いてもわからないんじゃないかな…と、勝手に同意書を作って提出したらどうなるのでしょうか?恐らく、電話確認の必要ない脱毛サロンなら、そのまま契約や施術に進むことは可能でしょう。しかし、その場合にはいろいろなリスクが発生してしまいます。

例えば、通い続ける間にトラブルが起きても、正規の補償を受けることができない可能性があります。また、途中解約をするとしても返金保証が適応されないかもしれません。同意書を偽造したことで、契約違反とみなされてしまうわけですね。トラブルが起きてから後悔しないように、軽く考えず、きちんと同意書を書いてもらいましょう。

ただ「脱毛したいからこれ書いて」とお願いしても、脱毛サロンやその内容をあまり知らない人の場合、「痛い」「高額」などの昔の脱毛のイメージから反対されてしまうかもしれませんね。そんな時はきちんと、現在の脱毛事情(痛みが少なく施術は早いこと、具体的な金額など)を説明し、脱毛したい気持ちを伝えて、理解してもらえるように説得しましょう。キャンペーン広告ではなく、通いたい脱毛サロンのホームページにあるよくある質問のページなどを見せて、「怪しい話ではない」ことを感じられるようにするのがオススメです。

なかなか理解が得られない場合には、最終手段としてカウンセリングへの同席をお願いしてみるのもアリ!契約内容や脱毛サロンの安全性について、サロンスタッフの方からわかりやすく話してもらえるので、許可を得るための強い味方になるでしょう。

未成年が脱毛するときの制限とは?〜成人してからの違い

未成年が脱毛サロンを利用する場合、親権者同意書を書いてもらうことができたとしても、これで成人と100%同じ条件になった、というわけではありません。脱毛は受けられますが、ある程度の制限がかかるのが普通です。

ローンを組む必要があるような高額の契約は、親の名義で契約しなければならないため、ここでもう一段階許可が必要になります。一部、自分名義のローン契約を結べるサロンもあるようですが、連帯保証人(基本的に親権者)は必要です。

契約できるコースやプランに制限を設けている脱毛サロンやクリニックもあり、未成年では施術できない部位があることも。ただし、ワキや腕/脚などの脱毛を制限しているサロンはないので、目立つ部位をとりあえず脱毛したい人は特に気にする必要はないでしょう。

最初に契約したワキ脱毛を進めるうちに、別の部位を脱毛したくなったとしたら…場合によっては再び同意書が必要になることがあります。既に通っている脱毛サロンであっても、新たな契約をすることになるためですね。毎回同意書が求められるかどうかのルールについてはそれぞれの脱毛サロンやクリニックごとに異なり、同意書や確認・同伴は初回のみでOKとしていることも。もしも再び必要になったとしても、初回にきちんと説明と理解を得られているわけですから、2度目の同意書作成はそれほど難しいことではないはずです!

10代はまだ成長途中!きちんと体の仕組みを理解して脱毛しよう

仕組み上、どうしても時間がかかってしまうのが脱毛。なるべく早くスタートしたいですよね。ただし、10代の脱毛の場合、まだ体は成長途中にあるために、ムダ毛が再び生えてきてしまう確率は成人以降よりも高いと言われています。そのため全身脱毛よりも、ワキや腕/脚のような目立つ部位のみの脱毛が勧められるというわけ。全身脱毛の効果をしっかり得るためには、成人以降にスタートしたほうが良いと考えられているのですね。脱毛の仕組みや、10代の体のことを理解した上で、背伸びも我慢もせずに脱毛サロンの利用を考えましょう♪

特集!はじめての全身脱毛にお役立ち

Ranking
脱毛サロン 人気ランキング

no.1
キレイモ
月額制の全身脱毛ならキレイモがお得!何と言っても安くて脱毛できる部位数が多い♪おすすめサロンです。
no.2
銀座カラー
老舗の脱毛専門サロン!全身脱毛は安さより効果を重視するという人におすすめ!
no.3
シースリー
月々の負担金も安い!納得するまで通い放題の全身脱毛
no.4
コロリー
顔脱毛も含めた全身34ヶ所の脱毛が人気!今ならお得な割引もあってコロリーは始めやすい♪
no.5
ミュゼ
ミュゼ
両ワキ+Vライン+選べる2ヶ所
クチコミ(57件)
ワキとVラインは回数無制限で脱毛OK!期間限定のリーズナブルなキャンペーンが魅力!

トップへ戻る