水着でムダ毛処理必須の部位はココ!役立つお手入れ法を紹介

夏のレジャーは油断大敵!水着姿に差がつく肌手入れ&ムダ毛処理計画♪

冷房の効いた室内で過ごすことも多い現在では、夏でも長袖+薄いトレンカでムダ毛を隠し続けることもできますが、水着姿になるなら一分の隙も許されないのが女子のムダ毛の身だしなみ!1本でも見えてしまうと全てが台無しになるので、細心の注意が必要ですよね。カップルでも女同士でも、水着レジャー前のムダ毛処理は完璧に仕上げたいもの。ワンランク上の水着姿を完成するためのチェックポイントと、肌荒れや日焼け対策もまとめて紹介していきます!

実は一番見られているバックスタイル!難しい背中のムダ毛処理

自分では目にすることの少ない背中の肌状態、しっかり確認していますか?お手入れしづらい部位だけに、触っただけでは感じにくい産毛が、想像以上に目立つ状態になっていることも…。鏡に映してみても、細い産毛の状態はなかなか自分では把握しづらく、実際の見た目を確認するのは至難の業!そして、生えていることがわかっていても、処理が最も難しい部位だとも言えます。背中は目立ちにくく、脱毛の部位としては地味な存在にも思えますが、実はVIOゾーンと同じくらい面倒な「プロに任せたいパーツ」。毛質としても細いゾーンなので、脱毛にも時間を要する面倒な場所なのです。

また、見えないだけにスキンケアも疎かになりがち。汗をかいて蒸れやすい部位で実は肌荒れしやすいのですが、カサカサや背中ニキビにも気づきにくく、水着姿になってみて自分の背中の汚さにビックリ!なんてこともあり得ます。たとえムダ毛がなくても、ガサガサやブツブツのバックスタイルでは、魅力も半減してしまいますよね…。

そこでムダ毛処理よりも前に必要なのが、肌状態のチェックです。乾燥していたり、背中ニキビがあるようなら、まずはそのケアから。ボディーシャンプーや、洗髪の後のシャンプー&コンディショナー等が残らないようにしっかりとすすぎ、入浴後は徹底的に保湿!刺激の少ない保湿系化粧品を選んで、一日数回のスキンケアを続けます。できれば夏前から始めたいのが、これらの背中の肌ケアなのです。お手入れの効果で肌トラブルが落ち着いてから、ムダ毛処理をするのが正解です!

脱毛がオススメとはいえ、すぐに何とかしたい場合は、やはり電気シェーバーの使用が良いでしょう。ただし、一人で完璧に仕上げるのはかなり大変ですから、ここはやはり家族やお友達にお願いするのが無難。がんばってクリームや脱毛テープを使って一人で自己処理をした後も、見落としや処理残しがないかどうか、チェックしてもらえば安心ですよ!

よく見たら生えてるかも?!Vラインとワキの次はお腹にも注意!

水着のためのムダ毛処理の基本とも言えるのが、Vラインとワキの処理。水着になる機会の多い人なら、この部位だけは脱毛を済ませているかもしれませんね。ニーズも高く、脱毛初心者向けのキャンペーンにもよく登場する部位です。

しかし、背中のチェックを済ませ、ワキとVライン脱毛しているからといって、油断は大敵です!ヘソ下、それからみぞおちのラインは、実はムダ毛の生えやすい場所なのです。お腹はツルツルだと思い込みがちですが、よくよく見るとムダ毛があるかも…?これには個人差がありますが、一応しっかり確認しておきましょう。特に、視力があまり良くない人の場合、普段お風呂ではメガネやコンタクトを外すことで、毎日見ているつもりでも気づきにくい場所です。

また、ムダ毛の量や濃さは、食生活やホルモンバランスの関係、年齢などで変化することがあります。視力の問題だけでなく、「前はツルツルだったのに生えている」ということは、誰にでもあり得ることとして考えておきましょう!

お腹部分については、生えていることに気づきさえすれば、背中とは違ってササッとシェーバーでムダ毛処理を済ませられます。ビーチに出てから気がついて焦るようなことがないように、お披露目前のお腹チェックを徹底してくださいね。

水着はビキニだけじゃない♪賢く選んでムダ毛処理を軽減

ダイエットや肌磨きの結果を一番生かせるのは、すてきなビキニスタイルの水着かもしれません。でも、露出が多い分、ムダ毛処理の気遣いもたくさん必要なデザインですよね。あれこれ考えるのはもう面倒!と思うなら、水着選びの段階でムダ毛処理を軽減してしまいましょう。

難しい背中のケアをクリアできるのは、ハイネック&背中もカバーできるタイプのワンピース。日焼けを心配する面積も狭くなるので、肌の弱い人にもオススメです。

Vゾーンの処理が苦手なら、一分丈以上のボトムデザインを選ぶことで簡単に回避できます。大胆さはなくなりますが、セパレートなら健康的で元気な感じに!スポーティなタイプだけでなく、フリルやリボンのあしらわれたラブリーなものもたくさん見つかります。

インポートの手頃な水着も増え、ネット販売を中心に入手しやすくなっています。露出の少ない、洋服を着ているようなデザインの水着もあるので、とにかくムダ毛処理がめんどくさい人にもピッタリですね♪

普段からお手入れしているワキ、脚、腕以外を見せないで過ごせる素敵な水着をみつけること。それもまた、水着姿のためのムダ毛処理対策の解決法ではないでしょうか?

脱毛中の人はココに注意!水着姿の日焼け対策とムダ毛処理

継続的に脱毛に通っている人にとって、夏のレジャーによる日焼けは頭の痛い問題のひとつ。せっかくキレイになりつつある体で水着姿をキメたい気持ちもあるれど、日焼け対策の大変さを思うと、プールや海へのお出かけが億劫に感じられるかもしれません。

脱毛中の日焼けがNGとされる主な理由は、肌の色が濃くなることで脱毛の効果が薄れたり、痛みやダメージが大きくなってしまうことです。くっきりと跡がのこるような焼け方は、極力避けるのが基本。ウォータープルーフタイプの日焼け止めを使い、隅々まで塗り残しのないようにしっかりと準備を整えましょう。また、日焼け止めを過信しすぎないことも大切で、水着姿で長時間強い太陽光線のビーチに出るのは控えたほうが良いでしょう。どんなに強力な日焼け止めでも、時間がたてば塗り直しが必要だということも忘れないでくださいね!

水着で隠れている部分についても、生地の薄いものやカラーによっては日焼けしてしまうことがあります。カバーしているつもりでいても、実はノーマークに近い状態ということもあるので、透け気味の部位には水着着用前に、あらかじめ日焼け止めをつけておくと安心です。

上着やパレオで隠す部分を多くすることも有効ですが、きちんとしたUVカット素材のアイテムを選ぶことで、より効果を高めることができます。なんとなくではなく、確実に!焼けない準備を整えてレジャーに出かけましょう♪

しっかり対策すれば、脱毛中でもプールや海を楽しむことは可能です。ただし、さすがに脱毛直後のタイミングや、脱毛予約の直前に海水浴というスケジュールは厳しいかも!肌ダメージだけでなく、脱毛後のチクチク状態は、あまり水着姿には向きませんよね!遊びの予定と脱毛の計画をしっかりすりあわせて、支障のないようにうまくコントロールしましょう

タイミング的に中途半端に生えてきてしまっているとしても、ムダ毛処理にはいつも通り、電気シェーバーを使います。ワキやVゾーンでは、量が少なくなるほど抜きたい気持ちになりますが、我慢すること!来年の夏の仕上がりを考えましょう!

特集!はじめての全身脱毛にお役立ち

Ranking
脱毛サロン 人気ランキング

no.1
キレイモ
月額制の全身脱毛ならキレイモがお得!何と言っても安くて脱毛できる部位数が多い♪おすすめサロンです。
no.2
銀座カラー
老舗の脱毛専門サロン!全身脱毛は安さより効果を重視するという人におすすめ!
no.3
シースリー
月々の負担金も安い!納得するまで通い放題の全身脱毛
no.4
コロリー
顔脱毛も含めた全身48ヶ所の脱毛が人気!今ならお得な割引もあってコロリーは始めやすい♪
no.5
ミュゼ
ミュゼ
両ワキ+Vライン+選べる2ヶ所
クチコミ(57件)
ワキとVラインは回数無制限で脱毛OK!期間限定のリーズナブルなキャンペーンが魅力!

トップへ戻る