人気脱毛サロン7社を辛口評価 人気脱毛サロン7社を辛口評価|全身脱毛完全ガイド
トップ > 脱毛の疑問を解決! > 敏感肌でも脱毛できる?肌が弱い人でも安心して脱毛できるサロン&クリニック選び方

敏感肌でも脱毛できる?肌が弱い人でも安心して脱毛できるサロン&クリニック選び方

敏感肌な人や肌が弱い人は毎日のムダ毛処理だけでも、カミソリ負けや湿疹になるなど肌に負担がかかってしまいます。

自己処理を減らす方法として脱毛がありますが、敏感肌の人でも脱毛をすることができるのでしょうか。

この記事では肌が弱い人でも安心して脱毛ができる方法や脱毛サロン、医療脱毛クリニックのどちらで脱毛するほうがいいのかについて解説していきます。

敏感肌でもサロンやクリニックで脱毛できる!

脱毛サロンで行う脱毛はフラッシュの光を照射し、医療脱毛クリニックで行う脱毛は医療レーザーを照射し施術を行います。

肌に直接、脱毛器を当てて照射していくので肌への刺激はありますが、注意すべきポイントをしっかり抑えておけば、敏感肌な人でも安心して脱毛ができるサロンやクリニックを見つけることができます。

敏感肌でも脱毛できる脱毛サロンディオーネ

Dione(ディオーネ)

敏感肌でも脱毛できるディオーネは肌の敏感な3歳の子供でも脱毛することができる安心の脱毛サロンです。

独自開発したハイパースキン法は痛みがほとんどなく、毛の種にアプローチする脱毛方法でしっかりと脱毛効果も得ることができます。


【ディオーネ公式】無料カウンセリングはこちら

サロン、クリニックでの脱毛は自宅ケアより肌に優しい!

自宅でムダ毛の処理をする場合、カミソリでお手入れする人が多いですが、カミソリは肌にとって一番負担が大きい処理方法です。カミソリで毛を剃るのと同時に、実は肌にも細かな傷がたくさんついてしまうのでカミソリ負けを起こしたり、乾燥してしまいます。

自己処理で一番肌に負担が少ない除毛クリームでも、敏感肌の人にとっては成分が合わなくて赤くなったり、湿疹の原因になることがあります。

これに対して、サロンやクリニックでの脱毛は施術後に一時的に肌に負担がかかりますが、一定の期間通って脱毛を完了してしまえば、そのあとの自己処理がほとんど必要ないので、結果お肌にとって負担を減らすことができます。脱毛サロンで全身脱毛をした場合、完了までの期間は2年~4年程度で、医療脱毛なら1年~1年半程度で完了することができます。

編集部CHECK

自己処理は毛が生えてきたら、またお手入れが必要だから、定期的に肌に負担がかかっちゃうの。

敏感肌な人や、肌が弱い人にこそサロン、クリニックでの脱毛をオススメしたいわ!

アトピーでも脱毛できる?

アトピーの人でも脱毛は可能です。医療脱毛クリニックで脱毛する場合は症状の度合いや、その時のかゆみ、赤みなどを診察して判断を行い脱毛します。脱毛サロンの場合は診察をしている病院の医師に許可を得ておけば脱毛が可能です。

ただしステロイドを使用している場合は注意が必要です。一時的に使用している程度であれば当日塗っていない状態で脱毛が可能ですが、長期でステロイドを使用している場合は、使用をやめて一定期間を開けてからでないと施術ができません。

脱毛サロンのディオーネは独自の脱毛方式を使用しているのでステロイドの長期利用をしていても当日塗っていなければ施術を行うことが可能です。

肌が弱い人にはサロンとクリニックどちらがおすすめ?

敏感肌な人には脱毛サロンで行う脱毛と医療脱毛クリニックで行う脱毛のどちらが良いのでしょうか。

すべての人にどちらが良いということではなく、なるべく早く終えたいのか、肌トラブルを起こさない方法で脱毛したいのかなど、求める要素によって理想の脱毛方法が変わります。

脱毛サロン

時間がかかっても肌への刺激や痛みが少ない脱毛をしたい人は脱毛サロン

  • 良い点
     肌への刺激が少ない
     痛みが少ない
     医療機関と提携している※1
  • 悪い点
     完了までに長期間かかる(全身で2年~4年程度)
     麻酔の使用ができない

※1 医療機関と提携していない脱毛サロンもあります。

医療脱毛クリニック

一時的に肌への刺激が強くても短い期間でさっと脱毛を完了したい人には医療脱毛クリニック

  • 良い点
     医師が診察してくれる
     短い期間で完了できる(全身で1年~1年半程度)
     薬の処方がある
     麻酔の使用が可能
  • 悪い点
     刺激が強いので肌トラブルが起こりやすい
     痛みが強い

編集部CHECK

敏感肌な人に安心といわれているクリニックでの脱毛は意外と肌トラブルを起こしやすいものなの。医師がいるから薬や麻酔など処置はしてもらえるけど、肌トラブルを起こさずに脱毛したい人には向かないわ。

敏感肌さんの脱毛サロン選び方

肌にダメージを与えずに脱毛サロンで脱毛しようと考えている敏感肌さんは以下の3つのポイントをチェックして脱毛サロンを選びましょう。


肌が弱い人に対応しているか

脱毛サロンのディオーネのように、敏感肌でも脱毛できると謳っているサロンや、肌に優しいSHR脱毛という脱毛方式を取り入れているストラッシュラココなどは、肌が弱い人でも安心して脱毛を行うことができます。敏感肌や、肌に刺激の少ない脱毛を行っている脱毛サロンを選ぶとトラブルを回避することができます。

保湿ケアがあるか

脱毛の後はお肌が乾燥しやすくトラブルを起こしやすい状態になります。脱毛サロンでは脱毛後の保湿ケアを行ってくれるところがあります。ディオーネのミルキーローションや、キレイモの保湿ローション、銀座カラーの保湿ミスト「美肌潤美」など、お仕上げに保湿ケアを行ってくれるサロンを選べば肌の乾燥を防げるので安心です。

医療機関との提携をしているか

脱毛サロンは医療脱毛クリニックと違い医師が在籍していないので、いくら肌に優しい脱毛といっても万が一のトラブルの際が心配になります。脱毛サロンのディオーネキレイモ銀座カラーなどは、医療機関と提携することで、万が一の肌トラブルの際にも相談や診察を行えるような仕組みを持っています。肌が弱くて心配な人は医療機関と提携している脱毛サロンを選びましょう。

敏感肌さんの医療脱毛クリニック選び方

脱毛効果が高い分、肌への刺激も強い医療脱毛クリニックで脱毛を考えている敏感肌さんは以下の3つのポイントをチェックしてクリニックを選びましょう。


テスト照射はあるか

敏感肌の人は医療脱毛クリニックでの脱毛を始める前にテスト照射を行っておくと、トラブルを起こしやすいかどうかを確認できるので安心です。レジーナクリニックアリシアクリニックでは無料でテスト照射ができますが、リゼクリニックのようにテスト照射が有料のクリニックもあります。またテスト照射を行っていないクリニックもあります。肌が弱い人はテスト照射があるクリニックを選びましょう。

痛みの少ない脱毛器を使用しているか

クリニックで使用している脱毛器にはいくつか種類があり、痛みの度合いも差があります。痛み少ない脱毛器は肌への刺激も少ない傾向があるので肌が弱い人は痛みの少ない脱毛器を選ぶとよいでしょう。レジーナクリニックで使用できるソプラノアイス・プラチナムや、リゼクリニックで使用できるメディオスターなどは特に痛みの少ない脱毛器です。

薬の処方は無料か

レジーナクリニックリゼクリニック湘南美容クリニックでは万が一の肌トラブル時も無料で薬の処方をしてくれます。ほとんどのクリニックがトラブル時は無料で対応してくれます。お薬代や診察代が有料のクリニックもあるので肌が弱い人は無料で対応が可能なクリニックを選びましょう。

編集部CHECK
脱毛サロンで脱毛する場合でも、医療脱毛クリニックで脱毛する場合でも、チェックするポイントをしっかり把握していれば、敏感肌でも安心して脱毛することができるのね!

脱毛後のケア方法や注意点

カウンセリング前は肌が弱いことを伝えて

カウンセリングを予約する際に、肌が弱く敏感であることを事前に伝えておきましょう。ステロイドの含まれている塗り薬や飲み薬を使用している場合は申告をしておくとスムーズです。

カウンセリングの際にテスト照射を希望する場合はその旨を伝え、事前にどんな準備が必要なのかを確認しておきましょう。テスト照射であっても塗り薬は禁止であったり、剃毛の必要があったりする場合もあります。

施術の当日、カウンセリング当日は服装にも注意

レーザーやフラッシュの光を照射すると肌は通常より敏感な状態になります。施術を行う当日はもちろんですが、カウンセリングでテスト照射を行う場合も、締め付けが少ないゆったりとした服装がよいでしょう。また照射後は紫外線にも敏感になるので、照射部位が日に当たらないような服装のほうが安心です。

脱毛の施術後はスタッフによる簡単な説明や次回の予約の話などを行いますが、万が一肌に異常が出たらどうしたらよいかも確認しておきましょう。脱毛サロンで脱毛をする場合は、提携している医療機関の具体的な名称や医師名なども確認しておくと安心です。

予約を取る場合は、生理日を避けるようにしましょう。生理中は肌が通常より敏感になり痛みを感じやすくなります。VIO以外の部位を脱毛する場合は、生理中でも脱毛は可能ですが、痛みは増してしまうということを覚えておきましょう。

施術後は乾燥に注意して

施術した当日は、肌が乾燥しやすくなっています。入浴は可能としているサロン、クリニックもありますが、敏感肌の人は湯舟には入らずシャワーのみにすることで肌の乾燥を防ぐことができます。入浴後はいつもより念入りに保湿をおこないましょう。

脱毛した部分の肌がひりついたり、赤みがある、熱を帯びているなどの異常を感じたら、すぐに施術を行ったサロンもしくはクリニックに連絡をして対処方法を確認しましょう。

ひりつきを感じたらすぐ保湿を行います。赤みがあったり熱を持っているときは保冷剤を使用して冷やすのも有効です。

普段のお手入れはどうする?肌に優しいのは電気シェーバー

脱毛が完了するまでは、施術と施術の間の期間にまた毛が生えてくるので、自分でお手入れをする必要があります。

脱毛の施術後は肌が乾燥して敏感になっている時期なので、かみそりや毛抜き、除毛クリームなどの使用は肌トラブルの原因となります。

この期間の自己処理におすすめなのが、直接肌に刃があたらず、深剃りにならないことで埋没毛の危険性も少ない電気シェーバーです。

多くの脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは、普段のお手入れや施術前の自己処理用に、電気シェーバーを使うように指導しています。トラブルを起こしづらいムダ毛処理方法として、プロからも認められているわけですね。脱毛を始める前から切り替えて、荒れない肌を目指しましょう。

肌に優しい脱毛ができる「ディオーネ」

Dione(ディオーネ)

ディオーネは肌が弱い人や敏感肌な人にオススメの脱毛サロンです。

POINT1 肌が弱い人に対応しているか

ほかのサロンにはないハイパースキン法を導入したことで、アトピーやニキビがあって脱毛できないといわれてしまった敏感肌な人でも、安心して脱毛をすることが可能です。

POINT2 保湿ケアがあるか

照射後の肌に美容成分が含まれたミルキーローションで保湿ケアを行います。ディオーネのミルキーローションは黒ずみやニキビ、アトピーにもパワーを発揮してくれるのでお肌の悩みがある方にぜひ試してほしいローションです。

POINT3 医療機関との提携をしているか

ドクターサポートというシステムがあり、万が一の肌トラブルの際も医師がサポートをしてくれます。

敏感肌でも安心して脱毛できるディオーネは、照射する光に美顔に効果のあるフォト美顔の光が含まれているから、脱毛をしながらハリとツヤのある美肌効果も得られます。痛みもほとんどないので、刺激に弱い顔やVIOのキワまでしっかりと光を照射することが可能です。

全身脱毛 体験価格 16,200円(税込)

【ディオーネ公式】無料カウンセリングはこちら

肌トラブルの少ない脱毛器を採用「レジーナクリニック」

レジーナクリニック

レジーナクリニックは肌が弱い人でも安心のサポートがある医療脱毛クリニックです。

POINT1 テスト照射はあるか

レジーナクリニックではカウンセリング前に事前予約することで、テスト照射を無料で行うことができます。照射できる部位はヒジ下かヒザ下のどちらかで、4ショット※のテスト照射が可能です。

POINT2 痛みの少ない脱毛器を使用しているか

レジーナクリニックで使用できる脱毛器は肌トラブルを起こしにくいジェントルレーズProと、痛みが少ないソプラノアイス・プラチナムで脱毛を行うことが可能です。基本はジェントルレーズProでの施術になるので、敏感肌な人も安心して脱毛を行うことが可能です。

POINT3 薬の処方は無料か

医療脱毛クリニックは医師による診察や薬の処方、麻酔の使用などが可能ですが、レジーナクリニックではすべて無料で対応してもらうことが可能です。万が一の肌トラブルの際も薬を無料で処方してもらえて、痛みが強い場合の麻酔も無料で利用できるので、我慢することなく脱毛することが可能です。

全身脱毛 全5回コース198,000円+税

【レジーナクリニック公式】無料カウンセリングはこちら
※ ショットとは脱毛器で照射をする際の単位。1回レーザーが照射されることを1ショットという。

※この記事に掲載している情報は2019年1月調査時点の内容です。

この記事を読んだ人に、おすすめの記事
 
Ranking 脱毛サロンランキング
キレイモ
キレイモ 月額
月額制の全身脱毛ならキレイモがお得!何と言っても安くて脱毛できる部位数が多い♪おすすめサロンです。
銀座カラー
銀座カラー 月額
老舗の脱毛専門サロン!全身脱毛は安さより効果を重視するという人におすすめ!
シースリー
シースリー 月額
月々の負担金も安い!納得するまで通い放題の全身脱毛
ストラッシュ
ストラッシュ 月額7,980円
全く痛くない最新の脱毛方式でツルツルに!
   
sasala(ササラ)
SASALA(ササラ) 月額8,800円

2月中の申し込みで全身脱毛が初月無料キャンペーン中!
ページのトップへ